Longleads
エルオードッグのスタッフが実際に使用しているロングリードの使い方です。

長さの違いがあるけど、結構違うものなの?
用途は違うの?
という点からロングリードの使い方を解説します。

ロングリードを安全にお使いいただくために、「ロングリードの取扱い上の注意~愛犬と楽しくトレーニングするために~」をよくお読みください。

3メートルのロングリード

最初のトレーニングにもっとも適した長さです。
マテ、スワレ、フセ、オイデ(コイ)などを練習するときに使うと便利です。
スワレの合図で愛犬を座らせ、その犬の周りを飼い主がぐるりと一周するのにもピッタリな長さです。
3メートルとロングリードのなかではもっとも短いので、ご自宅や室内でのトレーニングにもピッタリです。

3メートルのロングリードの着用イメージ画像

5メートルのロングリード

基本的な用途は3メートルと変わりませんが、もっと広々とお外でトレーニングしたい場合には5メートルのロングリードがおすすめです。
使い勝手が良いと思います。
オイデをするときの距離も長くなるので、飼い主さんと愛犬の信頼度がより重要になってくるかも??

5メートルのロングリードの着用イメージ画像

10メートルのロングリード

愛犬を広い広場で遊ばせたい。
初めてのキャンプ場などでいきなり愛犬をノーリードにするのはちょっと怖い..なんてときにピッタリな長さです。
トレーニングでは長さがあるので、愛犬と追いかけっこしたりとよりアクティブなトレーニングに適しています。
かなり長いので招呼の練習には声をはりあげる必要があるかも??

10メートルのロングリードの着用イメージ画像

15メートルのロングリード

10メートルのロングリードよりさらに5メートル長いので、フリスビーやボール投げ、遠くからの招呼(オイデ)ができます。
木立の多いところでは愛犬とかくれんぼしたりと遊びながらトレーニングするのにピッタリです。
<10Mと15Mのロングリードは非常に長いため、愛犬の足や人の足に絡まったりしないよう、注意してお使いください。>

15メートルのロングリードの着用イメージ画像

おすすめ!のロングリード

3メートルと5メートルは基本トレーニング。
10メートルと15メートルは遊びながらのトレーニングまたは純粋に遊び用とお考えいただければと思います。

トレーニングでお考えでしたら、3メートル
遊びでお考えでしたら、10メートルをオススメいたします。

ロングリードを初めてお使いになる場合は3メートルをオススメいたします。

写真を比較していただくと一目瞭然ですが、10メートル、15メートルのロングリードは非常に長い為、扱いに少々のコツが必要です。
最初は飼い主さんの手で長さ調節をしながら徐々に長くすることをオススメします。
なお、その際に犬が急に走り出したりすると、人が転倒したり、摩擦で飼い主さんの手がやけどをしたりする場合があります。また、犬の首にも相当な負担がかかりますので、取扱いには充分にご注意ください。

愛犬の首への負担が心配な方は首輪ではなくハーネス(胴輪)の装着をオススメいたします。
ハーネス(胴輪)はテープや紐型の線で支えるものより、洋服型の面で支えるタイプをおススメいたします。

「ロングリードの取扱い上の注意~愛犬と楽しくトレーニングするために~」

ロングリードをお使いの際には下記の注意事項をよくお読みになり、ご使用ください。
当店のロングリードは小型犬専用です。

ロングリードは日常のお散歩用ではありません。
おもにトレーニング、特別な場所でのトレーニングを含む遊び用とお考えください。
ロングリードは長くなればなるほど、制御するのが難しくなります。
リードに繋がっているから安心と考えずに常に飼い主さんの目の届く範囲でご使用ください。
リードの長さ分以上の距離にボールやフリスビーを投げるのは犬の首に相当な負担がかかり危険ですのですので、お止めください。

ロングリードは上手に使うことで、トレーニングや遊びの幅が広がります。

*ロングリードをお使いになるときには周りの状況をよく確認し、人がいる場所や、車の往来が激しい場所でのご使用は止めましょう。

▲このページのトップに戻る

{ *人気商品* }

  • 首輪の人気商品no1、リバティ、メイベルの首輪
  • 首輪の人気商品no2、リバティ・ヴィンセントの首輪
  • 首輪の人気商品no3、リバティ・マーガレットアニーとリバティ・メラニーアタイの首輪
  • 首輪の人気商品no4、リバティ・ベッツィマーサの首輪
  • 首輪の人気商品no5、パステルのギンガムチェックの首輪
エルオードッグあんしん保証
エルオードッグ問合せ先画像